calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.06.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    日本のブルースキング、近藤房之助が釧路に来る!

    0


      来たる12/14(日)、
      なんと、ここレストラン・オズに「近藤房之助」さんがやってきます!
      日本のブルースといえば近藤房之助さん!
      今回は、キーボーディストの加藤エレナさんと一緒に来釧します!
      チケットはあと立ち見席のみになります。
      興味のあるかたは是非!
      *****************************************************
      KONDOU FUSANOSUKE
      LIVE IN KUSHIRO 2014
      *****************************************************
      「近藤房之助 ブルースライブ」

      ■[出演] 近藤房之助(vo,g) / 加藤エレナ(pf,key)
      ■[日時] 2014年12月14日(日)
      ■[料金] ¥5,000(ワンドリンク&ミニおつまみ付)
      ■[開場 / 開演] 17:30 / 19:00
      ■[会場] レストラン・オズ(釧路市鶴野143-13)
      ■[チケットのお問い合わせ] 0154-52-5452

      ※完全予約制
      ※全席指定(予約順に前列から決定)

      -----------------------------------------------------------------------

      近藤房之助

      1951年生まれ。日本では数少ないブルース・シンガー。
      76年京都にて伝説のバンド、BREAK DOWNを結成。
      90年にLIVEアルバム『ハート・オブ・ストーン』でソロ・デビューを果たす。また、同年、企画バンド「B.Bクィーンズ」に参加、
      テレビ・アニメの主題歌「おどるポンポコリン」をリリースする。
      この老若男女楽しめるパーティー・ソングは超絶的なセールスを記録し、その年のレコード大賞をも獲得するに至った。
      コミカルなキャラクターを売りにした芸能界的な活動とB.B.KING、OTIS RUSH、BOBBY “BLUE”BLAND、STUFFなど海外のミュージシャンと共演する傍ら、日本に於いても数多くのミュージシャンに影響をあたえ続け、コアなファンをつかんで離さないディープな音楽活動の両立を果たしている。

      http://www.fusanosuke.net/

      加藤エレナ

      在学中に受けたオーディションをきっかけにCM音楽等の楽曲制作、スタジオレコーディン グ、ライブツアーを中心に活動。
      渡米。ニューオリンズにてセッション。
      BLUES CARAVAN JAPANツアー2007、2009年シカゴブルースギタリスト、『カルロス・ジョンスン』のツアーキーボディストとして活躍。
      また、シンガーソングライターとしても活動、様々なバンド、セッションでのライブも勢力的に行っている。

      http://www.elena-kato.com/

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.06.19 Friday
        • -
        • 19:40
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        FUSAのライブ最高でした!!企画・準備大変だったと思いますが本当に素敵な夜が過ごせて感謝しています。美味い料理と本物の音楽、素敵な空間、ア〜至福の時でした。生きててよかった!!
        次は「1万円でも行きますよ〜」!!
        • motoyuki
        • 2014/12/16 5:55 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック